トランギア メスティンの飯盒炊飯

  • 2017.10.12 Thursday
  • 07:35

 

 

捻じれ捻じれて、小太郎でつ。

 

 

 

 

(jam)こた、それで眠れるってどういうことなのだ。

 

 

 

ガワラの愛読書「スーパーカブ」、この度「スーパーカブ2」が発売されました。

 

その本に出てくる、メスティンのお弁当箱。

お米が炊けて、調理もできる飯盒です。

 

 

 

ただし縁が磨かれていないので、安全の為にヤスリを掛けます。

このお水を付けながら磨くと滑らかになるらしい…ごっごっごっご… 

(ガワラ)こたさんのお水じゃないからね!

 

 

 

強制退去ですよ。

(ガワラ)めっちゃ近くにいるじゃん。

 

 

 

 

お米のとぎ汁で10分煮るとアルミ臭さと変色が無くなるんだって。

(ガワラ)通過儀礼が多いよぅ…

 

 

 

 

フタで約1合のお米が入ります。

最大2合まで炊けるんだよ。

 

 

 

 

沸騰するまで中火、そこからはとろ火で10分、蒸らし10分。

主人公の小熊は晩にお米を洗って冷蔵庫で浸水、翌朝ごはんを炊いてそこにレトルトを挟む。

そのままお弁当として包んで持って行っていた。

 

 

 

レトルト(今回は中華丼)をかける、取っ手をもって食べる!

んまい!

 

 

心配していた焦げ付きもなく、美味しくてプリッとしたごはんが炊けました。

いつもは3合鍋でご飯を炊いていたんだけど、もちろん余るよね。

ラップで包んで冷蔵庫で保存でチンして食べていたけど(これももちろんおいしい)、メスティンなら毎食炊き立てごはんが食べられる。

2人で1合も多いから少し余るんだけど、どこまで量を減らすことができるかやってみる。

 

スーパーカブに乗りたくて悶絶していたんだけど、出てくる小物で只今気持ちを消化中。

 

 

 

私は「スーパーカブ」「スーパーカブ2」は、koboと文庫本で読んだけど、カクヨムというサイトでは無料で読めるよ!

https://kakuyomu.jp/works/1177354054880317669

 

 

いつも見てくださってありがとうございまつ(・ω・)シ

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM